2巻8号

2003年8月25日発行

オンラインISSN 1347-4448,印刷版ISSN 1348-5504
発行 特定非営利活動法人グローバルビジネスリサーチセンター(GBRC)

AMRは全コンテンツ無料・オープンアクセスのオンライン・ジャーナルです

AMRがJ-STAGEに登載開始!

< 潮流2003 第八回 >

「プレミアム・ブランド」戦略(下)=「プレミアム」であるための三つの条件=「思い入れ」「絞込み」「継続」が特別なものを創造する

森摂

pp. 333-338

ブランド戦略の究極の目的がより強い製品やサービスを生み出し、比較優位性を得て企業の収益性を高めることだとしたら、結局のところ「プレミアム・ブランド」戦略とはあらゆるブランドづくりの中で最も根源的な作業にほかならない。また、経済のグローバル化で製品の単価下落の流れが止まらない中で、「プレミアム性」を訴求することはブランドの価値を維持し、高めるためにも一層不可欠になってきた。先月号(上)の「ケーススタディ」に続いて、本稿では 「プレミアム・ブランド」を構築する上で最も重要な三つの要素を検証する。

森摂 (2003)「「プレミアム・ブランド」戦略(下)=「プレミアム」であるための三つの条件=「思い入れ」「絞込み」「継続」が特別なものを創造する」『赤門マネジメント・レビュー』2(8), 333-338. http://www.gbrc.jp/journal/amr/AMR2-8.html

PDFファイル AMR2-8-1.pdf (346KB)
このコンテンツは無料です » ダウンロード


< 論説 >(オープンアクセス)

日本型年功制の再評価―賃金の成果主義をどう考えるか

高橋伸夫

pp. 339-366

日本型の人事システムの本質は、給料で報いるシステムではなく、次の仕事の内容で報いるシステムだということである。仕事の内容がそのまま動機づけにつながって機能してきたのであり、それは内発的動機づけの理論からすると最も自然なモデルでもあった。他方、日本企業の賃金制度は、動機づけのためというよりは、生活費を保障する視点から賃金カーブが設計されてきた。この両輪が日本の経済成長を支えてきたのである。今こそ原点に立ち返り、従業員の生活を守り、従業員の働きに対しては仕事の内容と面白さで報いるような人事システムを再構築すべきである。
キーワード:年功制、成果主義、内発的動機づけ

高橋伸夫 (2003)「日本型年功制の再評価―賃金の成果主義をどう考えるか」『赤門マネジメント・レビュー』2(8), 339-366. http://www.gbrc.jp/journal/amr/AMR2-8.html

PDFファイル AMR2-8-2.pdf (461KB)
このコンテンツは無料です » ダウンロード


< コンピュータ産業研究会 >

ソフトウエアにおけるアーキテクチャ―摺り合せ型ソフトウェアにむけて

玉井哲雄

pp. 367-374

玉井哲雄 (2003)「ソフトウエアにおけるアーキテクチャ―摺り合せ型ソフトウェアにむけて」『赤門マネジメント・レビュー』2(8), 367-374. http://www.gbrc.jp/journal/amr/AMR2-8.html

PDFファイル AMR2-8-3.pdf (227KB)
このコンテンツは無料です » ダウンロード


ページトップへ


Adobe Readerをダウンロード オンライン・ジャーナルを読むためにはAdobe Reader(無料)が必要です。

GBRCニューズレター

購読無料。AMRや研究会の最新情報他を毎週ご案内 » 詳細を見る