8巻9号

2009年9月25日発行

オンラインISSN 1347-4448,印刷版ISSN 1348-5504
発行 特定非営利活動法人グローバルビジネスリサーチセンター(GBRC)

AMRは全コンテンツ無料・オープンアクセスのオンライン・ジャーナルです

AMRがJ-STAGEに登載開始!

< 研究論文 >(オープンアクセス)

対日直接投資の政策動向と経済分析―投資インバランスの背景と外資系企業の定着化

天野倫文

pp. 509-542

過去20年ほどの間、対日直接投資政策は日本の経済政策の重要な柱と位置付けられてきたが、対外投資とのインバランスやGDP比での投資水準の低さは依然として大きな課題となっている。日本の対内投資政策は、1990年代の中央政府主導による投資規制緩和の時代から、近年は地方政府主導で投資誘致活動を行う時代へと徐々にその焦点が変わりつつある。しかし一方で、最近の対日投資には、「流入」とほぼ同水準の「流出」が認められるなど、日本市場における投資の定着性に本質的な課題を抱えている。本稿の後半では、近年の外資系企業の我が国での事業活動の構造的な変化をいくつかの統計から析出し、投資の定着化と日本経済への貢献化に向けた課題と展望を記す。
キーワード:対日直接投資、日本市場、投資インバランス、投資定着化、外資系企業

天野倫文 (2009) 「対日直接投資の政策動向と経済分析―投資インバランスの背景と外資系企業の定着化」『赤門マネジメント・レビュー』 8(9), 509-542. http://www.gbrc.jp/journal/amr/AMR8-9.html

PDFファイル AMR8-9-1.pdf (227KB)〔2011年2月10日改訂〕
このコンテンツは無料です » ダウンロード


< コンピュータ産業研究会 >

日本の情報システムはSOAで変われるか

西村毅

pp. 543-554

日本では、情報システムにおける作り込みが横行している。日本以外であればパッケージソフトを利用して行えるようなことまでも作り込みで対応し、その結果、コストの増加、生産性の低下、技術者の疲弊といった問題が生じている。そこで、サービス指向という本来のコンセプトを正しく認識したSOAの考え方をベースに、ガバナンスや全体のアーキテクチャを意識することで、不必要な作り込みを避け、再利用を含めより効率的にシステムを構築できるようになると考える。
キーワード:作り込みの横行、SOA、アーキテクチャ

西村毅 (2009) 「日本の情報システムはSOAで変われるか」『赤門マネジメント・レビュー』 8(9), 543-554. http://www.gbrc.jp/journal/amr/AMR8-9.html

PDFファイル AMR8-9-2.pdf (55KB)
このコンテンツは無料です » ダウンロード


ページトップへ


Adobe Readerをダウンロード オンライン・ジャーナルを読むためにはAdobe Reader(無料)が必要です。

GBRCニューズレター

購読無料。AMRや研究会の最新情報他を毎週ご案内 » 詳細を見る