7巻2号

2008年2月25日発行

オンラインISSN 1347-4448,印刷版ISSN 1348-5504
発行 特定非営利活動法人グローバルビジネスリサーチセンター(GBRC)

AMRは全コンテンツ無料・オープンアクセスのオンライン・ジャーナルです

AMRがJ-STAGEに登載開始!

< ものづくりアジア紀行 第二十二回 >

意外なほど鮮やかだった100万ドルの夜景:華南エリアにおける香港の存在意義

中川功一

pp. 75-82

中川功一 (2008) 「意外なほど鮮やかだった100万ドルの夜景:華南エリアにおける香港の存在意義」『赤門マネジメント・レビュー』 7(2), 75-82. http://www.gbrc.jp/journal/amr/AMR7-2.html

PDFファイル AMR7-2-1.pdf (85KB)
このコンテンツは無料です » ダウンロード


< 論文 >(オープンアクセス)

我が国エレクトロニクス産業にみるモジュラー化の進化メカニズム―マイコンとファームウエアがもたらす経営環境の歴史的転換

小川紘一

pp. 83-128

製品の深層で進むモジュラー化のメカニズムを、マイコンとファームウエアがもたらす基本的な作用から明らかにした。我が国の製造業で特にエレクトロニクス産業が1995年から長期低迷を続けたが、その背景に製品アーキテクチャのモジュラー化現象があった。これを光ディスク技術の内部構造に立ち入って解明する。これまで摺り合せ型に位置取りされた材料・部品でさえ、マイコンとファームウエアの間接的な介在が急速に進んでおり、擦り合せ型なら安定的に強いという単純な構図の通用しない経営環境が、深く静かに我が国企業へ迫っている。我々の目に触れることない深層部で、製品機能・性能・品質やコスト、さらには競争優位の位置取りまでをも左右するという意味で、マイコンとファームウエアは21世紀の人工ゲノムに位置取りされるのではないか。人工ゲノムが作り出すモジュラー化はオープン・イノベーションの潮流を加速させる。今後は、我が国企業の利益や市場支配力を支える“ブラック・ボックス化、摺り合せ型、統合化”の役割を、マクロ政策としてのオープン・イノベーションと連携させる体系構築が必要である。
キーワード:エレクトロニクス産業、製品アーキテクチャ、モジュラー化、マイコン、ファームウエア、組み込みソフト、光ディスク、CD-ROM、DVD、デジタル家電、IBM PC、人工ゲノム

小川紘一 (2008) 「我が国エレクトロニクス産業にみるモジュラー化の進化メカニズム―マイコンとファームウエアがもたらす経営環境の歴史的転換」『赤門マネジメント・レビュー』 7(2), 83-128. http://www.gbrc.jp/journal/amr/AMR7-2.html

PDFファイル AMR7-2-2.pdf (266KB)
このコンテンツは無料です » ダウンロード


ページトップへ


Adobe Readerをダウンロード オンライン・ジャーナルを読むためにはAdobe Reader(無料)が必要です。

GBRCニューズレター

購読無料。AMRや研究会の最新情報他を毎週ご案内 » 詳細を見る