4巻8号

2005年8月25日発行

オンラインISSN 1347-4448,印刷版ISSN 1348-5504
発行 特定非営利活動法人グローバルビジネスリサーチセンター(GBRC)

AMRは全コンテンツ無料・オープンアクセスのオンライン・ジャーナルです

AMRがJ-STAGEに登載開始!

< 査読つき研究ノート 機能性化学品の製品開発 第二回 >(オープンアクセス)

高屈折率メガネレンズ材料の製品開発と競争優位―三井化学「MR-6」

富田純一

pp. 399-416

三井化学が1987年に上市した高屈折率メガネレンズ材料「MR-6」は、国内のプラスチックレンズの普及を促した材料である。現在は高屈折率レンズの普及が遅れていた欧米市場でも後続品が市場シェアを伸ばし、競争優位を獲得している。こうした成果の背後には、新しい材料コンセプトの創出やユーザーとの緊密な連携、連携を通じた評価技術の蓄積など製品開発の取り組みと、スイッチング・コストや特許網構築、後続品の継続的投入などによる参入障壁形成といった戦略的取り組みがあった。
キーワード:製品開発、評価技術の蓄積、競争優位

富田純一 (2005)「高屈折率メガネレンズ材料の製品開発と競争優位―三井化学「MR-6」」『赤門マネジメント・レビュー』4(8), 399-416. http://www.gbrc.jp/journal/amr/AMR4-8.html

PDFファイル AMR4-8-1.pdf (402KB)
このコンテンツは無料です » ダウンロード


< コンピュータ産業研究会 >

ファイル交換は被害を与えているか? ―Winnyの社会的是非とネット配信への示唆

田中辰雄

pp. 417-430

コンテンツを保持する音楽・映画業界は、違法コピーによって著作権が脅かされることを恐れ、ネット上の流通に消極的である。しかし、コピーが売上へどれほど影響を与えるかは明らかではない。違法コピーが禁じられたとして、そのユーザがオリジナルを買うとは限らないからである。本稿ではファイル交換ソフトWinnyをとりあげ、これによる音楽CDのファイル交換がオリジナルCDの売上を減少させているかどうかを調査した。結果、WinnyがCD売上を減少させている証拠は乏しく、仮に減少させているとしてもきわめて僅かであることが示された。著作権保護の最適水準の立場からは、現状の著作権保護水準は過剰であり、少し弱めた方が社会的厚生は高まる。またビジネスの立場からは、少々の違法コピーは恐れずにネット配信に乗り出すべきである。
キーワード:デジタルコンテンツ、ファイル交換、著作権の最適水準、ネット配信

田中辰雄「ファイル交換は被害を与えているか? ―Winnyの社会的是非とネット配信への示唆」『赤門マネジメント・レビュー』4(8), 417-430. http://www.gbrc.jp/journal/amr/AMR4-8.html

PDFファイル AMR4-8-2.pdf (446KB)
このコンテンツは無料です » ダウンロード


< 社会ネットワーク研究会 >

社会ネットワーク分析を用いた、財務省・NGO定期協議におけるNGOの地位の分析

地引泰人

pp. 431-444

地引泰人 (2005)「社会ネットワーク分析を用いた、財務省・NGO定期協議におけるNGOの地位の分析」『赤門マネジメント・レビュー』4(8), 431-444. http://www.gbrc.jp/journal/amr/AMR4-8.html

PDFファイル AMR4-8-3.pdf (376KB)
このコンテンツは無料です » ダウンロード


ページトップへ


Adobe Readerをダウンロード オンライン・ジャーナルを読むためにはAdobe Reader(無料)が必要です。

GBRCニューズレター

購読無料。AMRや研究会の最新情報他を毎週ご案内 » 詳細を見る