2巻5号

2003年5月25日発行

オンラインISSN 1347-4448,印刷版ISSN 1348-5504
発行 特定非営利活動法人グローバルビジネスリサーチセンター(GBRC)

AMRは全コンテンツ無料・オープンアクセスのオンライン・ジャーナルです

AMRがJ-STAGEに登載開始!

< 潮流2003 第五回 >

2006年問題の衝撃(下)人口減少を克服する「三つの要素」―日本語、子供、そして地方が日本を救う

森摂

pp. 169-176

3年後をピークに日本の人口が減少に転じるという「2006年問題」の影響は広範で甚大であることは、前回指摘した。さらに重要なのは、人口減少による日本の社会や経済に与える影響を最小限に食い止めるためには何が必要か、という処方箋を描き出すこと。そのキーワードは、「日本語」「子供」そして「地方」だ。

森摂 (2003)「2006年問題の衝撃(下)人口減少を克服する「三つの要素」―日本語、子供、そして地方が日本を救う」『赤門マネジメント・レビュー』2(5), 169-176. http://www.gbrc.jp/journal/amr/AMR2-5.html

PDFファイル AMR2-5-1.pdf (355KB)
このコンテンツは無料です » ダウンロード


< 経営学研究法 >(オープンアクセス)

Field-Based Research Methods (FBRM): 実証研究の方法論

藤本隆宏

pp. 177-204

社会科学、とりわけ経営学における実証研究の方法論について考える。東京大学大学院経済学研究科では、これを「Field-Based Research Methods (FBRM)」と呼んでいる。こうした方法論は、いわばフィールド調査の「場数」を踏んで体得するという面もあるが、座学で学べることも多い。むしろ、まず基本概念やフレームワークをきっちり習得した上で、実証の現場に立つことが望ましい。ここではFBRMの出発点として、アカデミックな研究とデータ収集の関係について考えよう。

藤本隆宏 (2003)「Field-Based Research Methods (FBRM): 実証研究の方法論」『赤門マネジメント・レビュー』2(5), 177-204. http://www.gbrc.jp/journal/amr/AMR2-5.html

PDFファイル AMR2-5-2.pdf (546KB)
このコンテンツは無料です » ダウンロード


< 査読つき研究ノート >(オープンアクセス)

電子技研工業

稲水伸行, 栗原あずさ

pp. 205-230

電子技研工業はレーザードップラ振動計の開発・販売を目的として、大手計測器メーカーの小野測器を辞めた4名によって設立された。しかし、彼らはすぐに製品開発の点で差別化の困難に直面する。その後、何とか差別化された製品を開発できたが、今度は営業活動が思うように進まず苦しむこととなった。本稿は、この過程を記述したものである。
キーワード:振動計、電子技研工業、ベンチャー企業、創業期

稲水伸行, 栗原あずさ (2003)「電子技研工業」『赤門マネジメント・レビュー』2(5), 205-230. http://www.gbrc.jp/journal/amr/AMR2-5.html

PDFファイル AMR2-5-3.pdf (421KB)
このコンテンツは無料です » ダウンロード


< コンピュータ産業研究会 >

オンラインソフトの開発スタイル―開発サイクルの視点

生稲史彦, 藤田英樹

pp. 231-238

生稲史彦, 藤田英樹 (2003)「オンラインソフトの開発スタイル―開発サイクルの視点」『赤門マネジメント・レビュー』2(5), 231-238. http://www.gbrc.jp/journal/amr/AMR2-5.html

PDFファイル AMR2-5-4.pdf (268KB)
このコンテンツは無料です » ダウンロード


ページトップへ


Adobe Readerをダウンロード オンライン・ジャーナルを読むためにはAdobe Reader(無料)が必要です。

GBRCニューズレター

購読無料。AMRや研究会の最新情報他を毎週ご案内 » 詳細を見る