1巻1号

2002年4月25日発行

オンラインISSN 1347-4448,印刷版ISSN 1348-5504
発行 特定非営利活動法人グローバルビジネスリサーチセンター(GBRC)

AMRは全コンテンツ無料・オープンアクセスのオンライン・ジャーナルです

AMRがJ-STAGEに登載開始!

< 論文 >(オープンアクセス)

新製品開発組織と競争力―我田引水的文献サーベイを中心に

藤本隆宏

pp. 1-32

製品開発組織と競争力の関係を分析した技術管理論や組織論の既存文献のサーベイを通じて、諸研究の背後にある論理がどのように発展してきたかを考察する。具体的には、製品開発プロセスと新製品の成功の間の一般的な因果関係を探究した初期の研究から、競争力概念を明確に意識した個別産業研究、さらに、効果的な新製品開発プロセスのパターンが製品により異なりうることに注目した製品間比較研究へ、という一連の流れを総括する。

藤本隆宏 (2002)「新製品開発組織と競争力―我田引水的文献サーベイを中心に」『赤門マネジメント・レビュー』1(1), 1-32. http://www.gbrc.jp/journal/amr/AMR1-1.html

PDFファイル AMR1-1-1.pdf (464KB)
このコンテンツは無料です » ダウンロード


< 査読つき論文 >(オープンアクセス)

デジタルコンテンツの製品開発組織とそのパフォーマンス

生稲史彦

pp. 33-66

本研究では、アンケート調査と売上データを用いた分析によって、どのような企業がデジタルコンテンツ(ゲームソフト市場)で効果的な製品開発を行い、高い企業成果をあげうるのかが検討されている。デジタルコンテンツの製品開発では、個人の能力・クリエイティビティが脚光を浴び、取り上げられることが多い。だが、分析の結果によると、ゲームソフトでも一定の範囲内の製品では、従来製造業などで見られたように、組織的な開発ノウハウの蓄積・活用が有効であり、高い成果に結びつくことが示されている。
キーワード:デジタルコンテンツ、製品開発、内外製(アウトソーシング)

生稲史彦 (2002)「デジタルコンテンツの製品開発組織とそのパフォーマンス」『赤門マネジメント・レビュー』1(1), 33-66. http://www.gbrc.jp/journal/amr/AMR1-1.html

PDFファイル AMR1-1-2.pdf (552KB)
このコンテンツは無料です » ダウンロード


< ケース研究 >(オープンアクセス)

トステム株式会社―アルミサッシ事業への参入と競争優位の確立

新宅純二郎

pp. 67-104

トステム株式会社は、アルミサッシ業界に後発企業として参入したにもかかわらず 10年で業界トップの地位に立った。さらに、その後の 10年で、情報システムを戦略的に活用することによって、その優位性を確固たるものにした。本稿は、 1960年代から 80年代のトステムの企業行動について、その参入戦略と成長戦略の戦略形成プロセスに焦点をあてて記述したものである。
キーワード:戦略形成プロセス、参入戦略、情報システム、トステム

新宅純二郎 (2002)「トステム株式会社―アルミサッシ事業への参入と競争優位の確立」『赤門マネジメント・レビュー』1(1), 67-104. http://www.gbrc.jp/journal/amr/AMR1-1.html

PDFファイル AMR1-1-3.pdf (655KB)
このコンテンツは無料です » ダウンロード


< 論文 >(オープンアクセス)

ペンローズ『会社成長の理論』を読む

高橋伸夫

pp. 105-124

ペンローズの主張を正面から理解する鍵は、規模の経済性とは別の概念としての「成長の経済性」を理解することにある。未使用の立ち上げ屋的経営サービスが存在すれば、成長の経済性が生まれ、規模にかかわらず、企業にとっては成長の一歩一歩が利益を生む。成長率には経営的限界があるが、規模には限界がない。
キーワード:成長の経済性、規模の経済性、未使用サービス

高橋伸夫 (2002)「ペンローズ『会社成長の理論』を読む」『赤門マネジメント・レビュー』1(1), 105-124. http://www.gbrc.jp/journal/amr/AMR1-1.html

PDFファイル AMR1-1-4.pdf (382KB)
このコンテンツは無料です » ダウンロード


< アジア自動車産業研究会 >

韓国の半導体産業と自動車産業の最新動向とその示唆点―三星電子の器興工場と現代自動車の牙山工場を中心に

藤本隆宏, 具承桓, 折橋伸哉

pp. 125-130

藤本隆宏, 具承桓, 折橋伸哉 (2002)「韓国の半導体産業と自動車産業の最新動向とその示唆点―三星電子の器興工場と現代自動車の牙山工場を中心に」『赤門マネジメント・レビュー』1(1), 125-130. http://www.gbrc.jp/journal/amr/AMR1-1.html

PDFファイル AMR1-1-5.pdf (246KB)
このコンテンツは無料です » ダウンロード


< コンピュータ産業研究会 >

情報財の収益モデル―デジタル化・ネットワーク化されたメディア環境における音楽情報財の収益モデル

服部基宏

pp. 131-132

服部基宏 (2002)「情報財の収益モデル―デジタル化・ネットワーク化されたメディア環境における音楽情報財の収益モデル」『赤門マネジメント・レビュー』1(1), 131-132. http://www.gbrc.jp/journal/amr/AMR1-1.html

PDFファイル AMR1-1-6.pdf (93KB)
このコンテンツは無料です » ダウンロード


ページトップへ


Adobe Readerをダウンロード オンライン・ジャーナルを読むためにはAdobe Reader(無料)が必要です。

GBRCニューズレター

購読無料。AMRや研究会の最新情報他を毎週ご案内 » 詳細を見る