5巻3号

2006年3月25日発行

オンラインISSN 1347-4448,印刷版ISSN 1348-5504
発行 特定非営利活動法人グローバルビジネスリサーチセンター(GBRC)

AMRは全コンテンツ無料・オープンアクセスのオンライン・ジャーナルです

AMRがJ-STAGEに登載開始!

< ものづくりアジア紀行 第一回 >

何が韓流ドラマの興隆をもたらしたのか

新宅純二郎

pp. 93-96

新宅純二郎 (2006)「何が韓流ドラマの興隆をもたらしたのか」『赤門マネジメント・レビュー』5(3), 93-96. http://www.gbrc.jp/journal/amr/AMR5-3.html

PDFファイル AMR5-3-1.pdf (134KB)
このコンテンツは無料です » ダウンロード


< 論文 >(オープンアクセス)

光ディスク産業の興隆と発展―コンスーマ市場からコンピュータ市場へ

小川紘一

pp. 97-170

コンスーマ市場で興隆した光ディスク産業がパソコン市場に巨大市場を構築するまでの経緯について、日本企業の視点から分析した。まずCD-Audioから CD-ROMが生まれた経緯、現在のDVDに繋がるドミナント・デザインがCD-ROMによって形成される経緯およびパソコン市場に巨大なOEM市場が誕生するまで経緯を述べた。また日本企業の競争優位が技術力というよりもむしろ製品アーキテクチャの動態的な変化に左右されている事実、およびモジュラー型に転換する時点からキャッチ・アップ型工業国が市場参入して日本企業が市場撤退する姿も、多数の市場データを交えながら明らかにした。光ディスク産業に於ける日本企業と韓国・台湾・中国企業との関係がパソコン産業に於けるIBMとPCクローン・メーカーとの関係と同じであり、ここに日本企業の勝ちパターンを考える視点があることも本論文から理解されるであろう。
キーワード:光ディスク、CD-DA、CD-ROM、CD-R、DVD、PC、製品アーキテクチャ、擦り合せ型、モジュラー型、マイクロ・プロセッサー、ファームウエア、キャッチ・アップ型工業国、IBM PC

本稿は2006年3月25日に出版されたが、その後、誤りが発見されたため、2006年5月9日に修正版を掲載した。論旨に変更はないが、本稿を引用する場合は、この修正版を引用されたい。

小川紘一 (2006)「光ディスク産業の興隆と発展―コンスーマ市場からコンピュータ市場へ」『赤門マネジメント・レビュー』5(3), 97-170. http://www.gbrc.jp/journal/amr/AMR5-3.html

PDFファイル AMR5-3-2.pdf (515KB)
このコンテンツは無料です » ダウンロード


< アジア自動車産業研究会 >

台湾自動車産業の能力構築―国瑞汽車の事例

李兆華, 傅学保, 折橋伸哉, 藤本隆宏

pp. 171-208

台湾の自動車産業は、完成車の対中国輸出などが制限される、国内市場が小さい、国内での競争が厳しくシェア変動が大きい、 1社当たりの生産量が少ないなど、厳しい制約条件の中での操業を強いられてきた。ところが、その台湾の生産拠点で、非常に高度なものづくり能力の構築が観察されている。例えばトヨタ系の国瑞汽車は、数あるトヨタの海外生産拠点の中においても、トヨタ方式(TPS)が最もよく浸透し、ものづくり能力や改善能力のみならず、進化能力(能力構築能力)が高いことで知られている。しかしながら、台湾拠点の売上高は欧米など海外の主要生産拠点に比べれば小さく、その意味ではトヨタ全体にとって戦略的に最重要な海外拠点とは言い難い。とすれば、同社のグローバル戦略の中では比較的目立たない存在であったこの台湾企業が、創業から20年で、ここまでの能力構築を行うことができた理由と経緯は何か。日本からのトヨタシステムの導入のみならず、同社の進化能力を示唆する国瑞汽車オリジナルの工夫について紹介し、今後の課題についても言及する。

李兆華, 傅学保, 折橋伸哉, 藤本隆宏「台湾自動車産業の能力構築―国瑞汽車の事例」『赤門マネジメント・レビュー』5(3), 171-208. http://www.gbrc.jp/journal/amr/AMR5-3.html

PDFファイル AMR5-3-3.pdf (1357KB)
このコンテンツは無料です » ダウンロード


< コンピュータ産業研究会 >

ドリームゲート・スクウェアのネットワーク分析―「起業家志望」を集めたSNSが失敗してしまった理由

麻生要一

pp. 209-224

起業家志望の人を集めて運営されていた「ドリームゲート・スクウェア」というSNSが2005年12月に閉鎖された。内部のリンク構造をネットワーク分析すると、比較したmixiよりも濃度が低くなっていたことが分かった。「起業」という強力なキーワードを掲げつつも低濃度となってしまった理由とは一体何なのかを分析・考察する。
キーワード:ソーシャル・ネットワーキング・サービス、ネットワーク分析、起業家

麻生要一 (2006)「ドリームゲート・スクウェアのネットワーク分析―「起業家志望」を集めたSNSが失敗してしまった理由」『赤門マネジメント・レビュー』5(3), 209-224. http://www.gbrc.jp/journal/amr/AMR5-3.html

PDFファイル AMR5-3-4.pdf (271KB)
このコンテンツは無料です » ダウンロード


ページトップへ


Adobe Readerをダウンロード オンライン・ジャーナルを読むためにはAdobe Reader(無料)が必要です。

GBRCニューズレター

購読無料。AMRや研究会の最新情報他を毎週ご案内 » 詳細を見る