ABAS Conference 2018 Autumn: Part 2

November 2018
Kojima Hall, University of Tokyo
Tokyo, Japan


Call for Papers

 Annals of Business Administrative Science (ABAS) は、ユニークゆえに米国流のジャーナルには掲載されにくい日本らしい経営学研究を広く世界の研究者の目に触れるようにすることを使命と考えています。 GBRCが、国内の諸学会とは独立、等距離のNPO法人である利点を生かし、ABASでは、call for papers方式でABASコンファレンスを年に数回、定期的に開催いたします。諸学会で報告し、予稿集には掲載されたものの、まだ論文としては未公刊のものも歓迎いたします。
  1. ABASスタイル」の日本語のフル・ペーパーを募集します。
  2. ABASコンファレンスに採択された日本語論文は、ABASコンファレンスにおいて日本語で報告してもらいます。
  3. ABASコンファレンスで報告された論文は、日本語論文のままでABASがレフェリーによる査読を行います。
  4. ABASコンファレンスで報告され、ABASが採択した日本語論文は、ABASが英文化をサポートします。
特に、ABASが重視する次の三つのジャンルの論文は大歓迎いたします。

《テクニカル・ノート》 既存研究の間違いや問題点を明らかにしたもの
《事実発見型調査報告》 調査データから得られた面白い事実発見を明記したもの
《コンセプチュアル・ペーパー》 自他問わず面白い概念モデルを紹介・解説したもの


《論文執筆規定》

ABASコンファレンスへの応募論文は、指定された論文テンプレートを使って
  1. 解説的な論文タイトル【英語】
  2. 解説的な要約【日本語】
  3. キーワード【英語】
  4. 全著者の所属、メール・アドレス【英語】
  5. 本文【日本語】 ただし
    1. 見出し【英語】
    2. 経営用語は初出時に( )付で英語表現【英語】
  6. 十分な量の引用文献のAPAスタイルの完全な書誌事項【英語】
  7. 末尾に図表【英語】
の指示にしたがい、10〜15ページのコンパクトな論文にまとめてください。a〜gが不完全な場合には、それだけでリジェクトの理由になりますので注意してください。


《注意》



《これまでのABASコンファレンス》

ABAS Conference 2018 Autumn PROGRAM

ABAS Conference 2018 Summer PROGRAM

ABAS Conference 2018 Spring PROGRAM

ABAS Conference 2018 Winter PROGRAM

ABAS Conference 2017 Autumn PROGRAM

ABAS Conference 2017 Summer PROGRAM

ABAS Conference 2017 Spring PROGRAM

ABAS Conference 2017 Winter PROGRAM

ABAS Conference 2016 Autumn PROGRAM

ABAS Conference 2016 Summer PROGRAM

ABAS Conference 2016 Spring PROGRAM

ABAS Conference 2016 Winter PROGRAM

ABAS Conference 2015 Autumn PROGRAM

ABAS Conference 2015 Summer PROGRAM

ABAS Conference 2015 Spring PROGRAM

ABAS Conference 2015 Winter PROGRAM

ABAS Conference 2014 Autumn PROGRAM

ABAS Conference 2014 Summer PROGRAM

ABAS Conference 2014 Spring PROGRAM

ABAS Conference 2014 Winter PROGRAM

ABAS Conference 2013 Autumn PROGRAM

ABAS Conference 2013 Summer PROGRAM

ABAS Conference 2013 Spring PROGRAM

ABAS Conference 2013 Winter PROGRAM


Copyright (C) 2012-2018 Global Business Research Center (GBRC). All rights reserved.
Editorial Office: MERC, University of Tokyo. Kojima Hall, Hongo, Bunkyo-ku, Tokyo, JAPAN.
ABAS is also included in EBSCO host, ProQuest, CrossRef, and J-STAGE.