futomi's CGI Cafe
ダウンロードランキング [無料版]

今日のランキング
ログサイズ44,197.04 (KB)
ダウンロード総数50
調査期間2024/5/31(金) 〜 2024/5/31(金)


順位 タイトル DL数 グラフ
1 横澤公道・辺成祐・向井悠一朗「ケース・スタディ方法論:どのアプローチを選ぶか―経営学輪講Glaser and Strauss (1967), Yin (1984), Eisenhardt (1989a) の比較分析」 3
(6%)
2 吉田暁生「ランダムサンプリングによる日本人の知人数推定―「連絡の取れる人」の数のインターネット調査との比較―」 2
(4%)
3 服部基宏「情報財の収益モデル―デジタル化・ネットワーク化されたメディア環境における音楽情報財の収益モデル―」 1
(2%)
3 大神正道「技術進化における社会政治的ダイナミクスと技術サイクル、製品の複雑性―経営学輪講 Tushman and Rosenkopf (1992) 1
(2%)
3 岩尾俊兵・菊地宏樹「ダイナミック・ケイパビリティ論からペンローズへ―経営学輪講 Helfat and Winter (2011)」 1
(2%)
3 宋元旭, 趙智賢「資源依存パースペクティブの自己評価―経営学輪講 Pfeffer (2003)」 1
(2%)
3 菊地宏樹・北山寛子「ダイバーシティ経営の中に潜む罠―経営学輪講 Lau and Murnighan (1998)」 1
(2%)
3 向井悠一朗「複雑な製品システムのイノベーション―経営学輪講 Hobday (1998)」 1
(2%)
3 牧野司「シンギュラリティは近い―世界の課題をテクノロジで克服するには」 1
(2%)
3 岸本太一「ハーシュマンに学ぶ研究書としての優れた特徴と研究・思考のスタイル―経営学輪講 Hirschman(1970)」 1
(2%)
3 中野剛治「事業機会は「運」がなければ手に入れられないものなのか?」 1
(2%)
3 岩尾俊兵「Routine Dynamics;変化する組織ルーチン―経営学輪講 Feldman and Pentland (2003)」 1
(2%)
3 佐藤秀典「ケース・スタディの魅力はどこに?―経営学輪講 Eisenhardt (1989)」 1
(2%)
3 佐藤秀典「我々は何者でありたいと願うのか:ダイナミックな組織アイデンティティの理解に向けて―経営学輪講 Dutton and Dukerich (1991)」 1
(2%)
3 岸保行「Ronald Doreがみた日本の工場:日本とイギリスの工場の克明な実態比較調査から何がみえてきたのか―経営学輪講Dore (1973)」 1
(2%)
3 會澤綾子 (2019)「不正行為はなぜ常態化するのか―経営学輪講 Ashforth and Anand (2003)」 1
(2%)
3 安田雪・高橋伸夫「戦略提携をどう見るか:視角としての社会ネットワーク対ダイアド―経営学輪講Gulati (1998)―」 1
(2%)
3 若林隆久・岡本伊織・氷熊大輝「シュンペーター的競争のシミュレーション・モデル―経営学輪講Nelson and Winter (1982), Chapters 11, 12, 13, 14」 1
(2%)
3 高松朋史「ビジネスモデル論を考える」 1
(2%)
3 高橋伸夫「組織化とは何か?―経営学輪講 Weick (1979)」 1
(2%)
3 糸久正人 (2020)「自動車産業に破壊的イノベーションは起きるのか?」 1
(2%)
3 高橋伸夫・新宅純二郎・大川洋史「技術的トラジェクトリの破断―経営学輪講 Christensen and Bower (1996)―」 1
(2%)
3 秋池篤・岩尾俊兵「変革力マップとInnovator's Dilemma: イノベーション研究の系譜―経営学輪講 Abernathy and Clark (1985)」 1
(2%)
3 麻生要一「ドリームゲート・スクウェアのネットワーク分析 ―「起業家志望」を集めたSNSが失敗してしまった理由―」 1
(2%)
3 高橋伸夫・稲水伸行「NIH症候群とは自前主義のことだったのか?―経営学輪講 Katz and Allen (1982)―」 1
(2%)
3 岩尾俊兵・中野優「「ラディカル」な技術変化とは何を指すのか―経営学輪講 Tushman and Anderson (1986)」 1
(2%)
3 藤田英樹「アンドロイドは「紫の上」の夢を見るか?」 1
(2%)
3 若林隆久・岡本伊織・氷熊大輝「経済成長の進化モデル―経営学輪講Nelson and Winter (1982), Chapters 8, 9」 1
(2%)
3 浜松翔平「シリコンバレーとルート128における地域産業システムのその後の展開―経営学輪講 Saxenian (1994)」 1
(2%)
3 根橋玲子・岸保行「日台経済交流の礎を築いた人々:第十一回 董烱熙氏」 1
(2%)
3 生稲史彦「経営と時間を考える」 1
(2%)
3 岩尾俊兵・前川諒樹「官僚制はイノベーションを阻害するのか?―経営学輪講 Thompson (1965)」 1
(2%)
3 林隆一「電子部品企業のビジネスモデル」 1
(2%)
3 秋元創太・三富悠紀・井上剛「リードユーザーが生み出す製品コンセプトは本当に優れているのか?―経営学輪講Urban and von Hippel (1988)」 1
(2%)
3 會澤綾子「高信頼性組織を支える多様性とは―経営学輪講 Weick (1987)」 1
(2%)
3 牧田幸弘「イノベーションを創造するクリエイティブオフィス―日経ニューオフィス賞のニューオフィス推進賞/クリエイティブ・オフィス賞の受賞企業の取組」 1
(2%)
3 阿部真美・張力・羅麗斯「なぜイノベーションは拡散しないのか?:専門家組織のもつ境界―経営学輪講 Ferlie, Fitzgerald, Wood, and Hawkins (2005)」 1
(2%)
3 八田真行「「発言」の価値:ハーシュマン再訪―経営学輪講 Hirschman (1970)」 1
(2%)
3 藤本隆宏・具承桓・折橋伸哉「韓国の半導体産業と自動車産業の最新動向とその示唆点―三星電子の器興工場と現代自動車の牙山工場を中心に―」 1
(2%)
3 山本晶「オンライン・コミュニティの実証研究―サイト訪問、ロイヤリティ、購買の関係を探る―」 1
(2%)
3 持田弥・岩尾俊兵「ダイナミック・ケイパビリティと組織学習への投資―経営学輪講Zollo and Winter (2002)」 1
(2%)
3 稲水伸行「ゴミ箱の中を覗いてみる:ソースコードに隠された暗黙のルール―経営学輪講Cohen, March, and Olsen (1972)」 1
(2%)
3 粕谷誠「経営史と社史―社史はどのように作られるか」 1
(2%)
3 立本博文「経営学者の立ち位置は?」 1
(2%)
3 加藤木綿美・市來和樹「DCは持続的競争優位につながるのか?―経営学輪講 Eisenhardt and Martin (2000)」 1
(2%)
3 立本博文「半導体産業における共同研究開発の歴史」 1
(2%)
3 富田純一「学食分析を通じてオペレーションズ・マネジメント人材の育成を考える」 1
(2%)


[今日] [昨日] [今週] [先週] [今月] [先月] [全期間]

Copyright © 2002-2007 Global Business Research Center. All rights reserved.
powered by futomi's CGI Cafe ダウンロードランキングCGI