コンテンツビジネス研究会は、テレビゲームなど娯楽性の高いビジネス産業に関する情報交換の場です。

コンテンツビジネス研究会とは

コンテンツビジネス研究会は、特定非営利活動法人グローバル・ビジネス・リサーチ・センター(GBRC)の常設研究会です。
担当理事は、東京大学大学院 経済学研究科の新宅純二郎教授です。

当研究会では、映画、テレビ番組、音楽、出版物、ゲーム、デジタルアートなど、エンターテイメント性が高い情報財から、Web検索、位置情報といった情報サービスまで、幅広いコンテンツを研究の対象としております。
これらの分野に関心のある実務家、研究者の方にお集まりいただき、発表と意見交換を行う研究会を、ほぼ毎月開催しております。

研究会は、先着順にてご参加の申し込みを受け付けております。

ご希望の方は、ニュースレター配信アドレスまでご一報ください。

※以前掲載しておりましたアドレス、は、現在、サーバの不調でメールを受信できない状態となっております。 連絡先変更のお手数をおかけして恐縮ですが、復旧までの間、上記アドレスまでご連絡くださいますようお願い申し上げます。

 参加費:GBRC会員無料、一般2000円、学生100円
GBRC(http://www.gbrc.jp/index.html

 次回 第54回コンテンツビジネス研究会のお知らせ

日時
2017年11月29日(水) 19:00〜21:00
主題
「The Cultural Foundations of Organizational Divergence: A Study of Nintendo and SEGA's 'Console Wars」「組織的な相違の文化基盤:任天堂とセガのコンソール戦争に関する研究」
報告者
University of California Davis PhD Student Evan W. Lauteria氏

報告の要旨
 The “institutional logics” perspective within sociology responds to neoinstitutional theory’s inability to address organizational and institutional divergence and heterogeneity by drawing attention to the cultural dimensions of organizational life. Scholars within this school of thought position organizations as actors in “interinstitutional fields” with competing and complementing “logics,” or symbolic and material avenues for pursuing rational organizational behavior. Thus far, however, cultural sociologists of organizations have struggled to identify generalizable historical factors that produce new institutional logics in a given field. This paper responds to this gap in the literature by exploring the divergent organizational behaviors of Japanese video game companies Nintendo and SEGA following the unsettling of the American video game market in 1983. Faced with uncertainty in the industrial field of video game and console production, Nintendo and SEGA were incapable of resorting to isomorphic responses given the absence of necessary mechanisms, such as successful peer organizations or well-established regulatory groups. Extending institutional logics’ application of Ann Swidler’s model of culture, I argue that uncertainty in unsettled organizational fields require organizations to develop new cultural frames, symbolic schemas of interpretation and avenues for material behaviors. An organization’s pre-existing symbols and material behaviors, its “cultural tool-kit,” form the foundation for the emergence and dissemination of these new cultural frames that, over time, develop into institutional logics as taken-for-granted truths or traditional practices.
会場
東京大学経済学研究科 学術交流棟(小島ホール)1階
第1セミナー室
>>アクセス http://merc.e.u-tokyo.ac.jp/mmrc/access/index.html

周辺地図


学術交流棟では午後8時以降、自由に出入りすることができなくなります。
そのため遅れていらっしゃったお客様がいらっしゃいましたら、MMRC(03 5841 0687)まで直接ご連絡ください。

※先着順にて、ご参加の申込みを受付させていただきます。
※会場の収容人数が限られておりますので、参加をお断りする場合がございます。
※お断りする場合のみ、申込みメールに返信いたしますのでご了承ください。